2012年03月10日

☆アフタートーク☆「地中」の歩き方−その2−

(その1から続く。引き続き ※ネタバレ注意 です)


ナビ:それではそろそろ、役者の方々にもお伺いしたいんですが。
皆さん、末満さんの演出を受けられた事があって、今回は丸尾さんの演出を受けられて…お二人はいかがでしたか?
美津乃:私はね、演出を受けてみて意外に共通点を感じたの。すごいビックリしてんけども、おそらくタイプは全然違うと思うんだけども、私の中での共通点が二人とも「ブレがない」っていうのがすごいなと思って。
もう、自分のビジョンっていうのが、確固たるビジョンっていうのがしっかりあって。
二人とも一緒なのが、昨日言った事をそのまんま今日言うのね。「それ、昨日言った事とと違うやん」と思いながらもやるっていう演出家がいるけど、昨日言った事と今日言った事が一緒、っていうブレのなさはすごいなと思った。
だから、役者にしてはすごくありがたい。分りやすい演出をしてくれるなぁ、という。
で。丸尾くんが面白かったのが、昨日言った事を自分が忘れて、さも新しい演出を言います、って顔して昨日と一緒の事を言う(笑)
しゃーないから、「うん、ぁあ…(納得)」って、やるっていう事があって(笑)
ナビ:(笑)お気を遣っていただいて…
美津乃:でも、それってブレがないって事だから、スゴイなと思って。私はこの共通点が二人にはあると思った。スエケンも、もうビジョンがすごいカッチリしてるから。1回インスピレーション貰ったら、もう分りやすい。「求めてる事は、こうね」って分りやすいから。やりやすかったですね。
ナビ:行澤さんはいかがですか?美津乃さんと二人、稽古の参加が遅かったんですよね。
末満さんと丸尾さんの共通点は、休憩が少ないっていうのもあると思うんですけど(笑)
中村:少ない……少ない。
ナビ:昼の2時から夜の10時まで、もうず〜っと稽古してましたよね。
行澤:そう。僕らは稽古参加が遅い分、昼間特別に稽古させて貰って、夕方から他のメンバーも合流して、って感じで。その夕方入りした役者から「目が死んでるなぁ」って言われて(笑)もうずっと稽古してて、夕方には僕の1日が終わってるみたいな。
でも、あれだけ稽古させて貰うって事もなかなかないのですごく新鮮というか、ありがたいというか。
演出受けながらも、気ぃ遣ってもらってるのがわかる(笑)。末満さんも。
末満:まぁ、俺の話はいいよ(笑)
行澤:だから、あんまり怒らせたらいけないな、みたいな。怒ってるのわかってるけど、「うん。そうですね」って、にこやかな感じでやってくれるのが、「いつ爆発するんやろ?!」ってヒヤヒヤ…。その指標が、僕の事を「行澤さん」って呼んでくれる時もあるし、「行澤くん」の時もあるし。
中村:今日から「行澤くん」が多いよね
丸尾:あっはっはっは
行澤:その、”さん”と”くん”の何かが、日によってちがうのが一つのバロメーター。
今は”さん”ってよそよそしいから、多分怒ってるんだろうとか、そんな感じです。
丸尾:いや、あの…近付いたなと思ったら、自然と”くん”になりますね。
朝イチとかはきっと”行澤さん”、お弁当食べてる時くらいに”行澤くん”(笑)
美津乃:なんやろこれ?人見知り?
末満:いや、俺”さん”と”くん”の境界、すごいわかるわぁ。ま、これは後で飲み屋で話せば(笑)俺はね、丸尾さんの事を丸尾さんの前では”丸尾さん”って言うけど、丸尾さんがいない”丸尾くん”って言ってる。
丸尾:確かに目の前では”丸尾さん”以外呼ばれたことないです、確かに。
行澤:なんでなん?
末満:いや、わかんない。
ナビ:(中村)まりあさんは、「地中」稽古の最初からずっと一緒で。
末満:喋る事、いちばんあるんちゃう?
中村:演出家で、何言ってるのかわからへん演出する人っているじゃないですか?
ちょっとわかりにくい、どうとでもなるような演出してくる人いるけど、二人ともハッキリ噛み砕いて言ってくれはるから
、何回ダメ出しされても楽しい気持ちで、「…どうしたらいいねん……」みたいなのはなくて。
末満:知り合い役者の「地中の稽古場どう?」って聞いたら、みんな「わかりやすい」って言ってましたね。
中村;うん。
丸尾:ありがとうございます(笑)
ナビ:ピースピットに出た事がある方は他にもいらっしゃって、末満さんもよく知る役者が「地中」に出てるんですが、末満さんから見て「お!これは新しい魅力を引き出したな」っていう事はありました?
末満:いや…あまりなかった
丸尾:あははは
末満:正直、ハッっとした瞬間はなかったけど…あわさんは、さすがだなと思いました。
美津乃:おぉ〜、褒められた!
末満:あわさんが、現場に対して緊張するな、って。この間、えん魔さんプロデュースの芝居があって、ずっと一緒にやってたから、もう手の内も分かってて、描きたいものとかトーンとか分かってるから、やっぱりリラックスしてる状態。
で、いつものあわさんが観られるんですけど。「地中」は異質な緊張があって、でもそれをちゃんとこなしてはって。あ、さすがだなって。(行澤さんと)二人のシーンは、すごい見やすかったなぁって。あの、稽古参加が一番遅かった組ね。
美津乃:切羽詰まってたから、良かったんかなぁ。
末満:その対称にあるのが、少年と少女のシーン。アプローチもなんか違うな、と思ってて。
美津乃さんと行澤さんの二人は会話として成り立ってたけど、若い二人は会話も感覚的で、リズムで喋ってて。面白いなと思いました。若い二人は、より難しい事をやってるなと思って、頑張って欲しいなと。
美津乃:でもこれは、丸尾くんのお手柄やなぁ
丸尾:いやいやいや、そんな事ない。美津乃さんと行澤さんは遊ぶ余情を持ちながら、舞台に立てるから稽古つけるのも楽ですよ、固まり過ぎずに。
行澤:もうちょっと、固めて欲しいんやけど(笑)
末満:(美津乃、行澤、中村へ)今回の台本は、一読しただけじゃ難しいと思うんですけど。僕はすごい感覚的に観させてもらったんですけど。あんまり意味とか考えんとこって。途中までは意味とか考えながら…これどういうツッコミに繋がるんやろとか。でも、追わんとこって、感覚的に観てたんですけど。
役者さんは、シーンの意味であったり、セリフの意味であったり、お互いの関係性であったりっていうのは、自分の中で理論立ててやってきたのか、それともあまりそこを掘り下げずに、感覚的に演じていたのか、どっちなんだろう?
丸尾:最初の方は、結構キャストとも喋りましたね。これ、どうなんだろうって。
あわさん達とはあんまり喋ってないかも。でも、どっちの話が先なのか後なのかとか、どっちの意味にも取れるとか、「どう思う?」って最初の本読みの後とか結構喋ってましたね。
末満:それ、どっちが正解ってものでもないな、って。
美津乃:特に深く考えてないよね…。
行澤:現場にある、「こっちに進むんだ」っていう空気を掴みながら、やんわり進んで行ってたって感じです
末満:ひとことで言うと、雰囲気でやるっていう…それが俺は良かったな、って。行間とかバックを想像することができるっていうか。…家族の所って、人数多いからディスカッションを重ねがちじゃないですか。だから、道順ができる
丸尾:見えちゃってる?
末満:それはそれで、あ、そう来たか、って。そのぼんやりしたものが面白かったな。
行澤:作品全体の余情というか、すき間みたいなのは作ろうとしてましたもんね、丸尾さん。
丸尾:そうですね
行澤:お客さんが入り込む、みたいな。
丸尾:男と女のラスト周りについては、かつろさんやさなえちゃんとも喋りましたね。最後どうしようかっていう事は結構喋って。今日の朝とゲネの間にも変えたりしながらやってました。
ナビ:…そろそろお時間が。
末満:あっという間ですね。「地中の歩き方」は伝わったんでしょうか?
ナビ:どうやって山に登る準備をしたらいいか、ぐらいの所は私も感じることができたと思います。
パンフレットがお手元にあると思うんですけど、役者の対談など載っておりまして、そこにちょっと深く役作りだったり、丸尾さんとの稽古の様子だったりを書かせて頂いておりますので、是非お読み頂きたいなと思います。
美津乃:今の話聞いて、また観て貰ったら面白いし、舞台も裏と表とがあるしね。
ナビ:見え方が全然違ってますからね。
それと…末満さんも、今「地中」の台本を欲しいと思ってるんじゃないかと
末満:台本欲しいですねぇ…売ってるんですか?
ナビ:実は…。
行澤、中村:おぉ〜っ!(笑)
美津乃:(笑)…仕込か?!
ナビ:ロビーで。
丸尾:へぇ〜。
ナビ:千円で。
末満:安い!
ナビ:角ひろみさんの新作、「地中」を販売しております。
本として、読みものとして完成されたお話です。だからこそ、これを立体化した、今の「地中」との差があって。舞台を観られた角さんも「全然ちがう〜!」とおっしゃってたんですけど。それくらい差のある、作品、本になってますので。
末満:それ、ほんとに欲しいですね。後で買ってきます。
ナビ:明日、3月10日は18時の回の終了後に、KAVC1階の1roomで、丸尾丸一郎と角ひろみのトークがございます。
末満:それが聞きたい!
美津乃:ね〜。掴み合いのケンカになったりして(笑)
末満:それを聞いたら、役者の芝居が翌日変わる?
丸尾:そうやったんか〜、って(笑)
ナビ:トークサロンはフリースペースで行いますので、直接質問していただくこともできますし。今日のチケットをお持ちの方も、覗きに来て頂けたら嬉しいなと。「地中」について皆さんで語り合いたいな、と思います。
…それでは、短い時間でしたがお付き合いありがとうございました。


posted by chi-chu at 10:15| Comment(0) | 公演情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆アフタートーク☆「地中」の歩き方−その1−

3月9日(金)、初日の終演後に行われたアフタートークの模様をお届けします。
※「地中」未見の方 ネタバレ注意 です。


ナビゲーター(以下、ナビ):本日は《神戸の視点》実践!演劇プロデューサーへの道 2011 プロデュース公演『地中』に御来場くださいましてまことにありがとうございます。
私、プロデュースチームのナビゲーターを務めております、水口美佳と申します。
本日は初日スペシャルイベントということで、ただ今よりトークショー「『地中』の歩き方」をお送りします。それでは、さっそくお呼びしましょう。
『地中』演出を勤めました、劇団鹿殺しの丸尾 丸一郎さん。そしてトークゲストはピースピットの末満健一さんです。どうぞ!

末満:よろしくお願いします
丸尾:よろしくお願いします
ナビ:おふたりは昨年のCube プレゼンツの舞台『有毒少年』で、末満さんが演出で丸尾さんが役者という立場でご一緒されてましたが、それ以来の再会なんですよね。
丸尾:それ以来ですね、去年の…11月…
末満:12月アタマまで…ご無沙汰してます(笑)
丸尾:ご無沙汰してます(笑)
末満:ま、それ以外のつながりはあまりないというか…(笑)
丸尾:あはははは
末満:「地中」には縁もゆかりもない感じなんですけど(笑)精一杯、色々聞いたりお話できたらなと思います。
丸尾:「有毒少年」の時も、僕そんなに飲みにも行けなかったので
末満:その時ちょうど鹿殺しさんの脚本の締切があるって…

(とここで、美津乃、行澤、中村登場)

美津乃行澤中村:ど〜も〜。
ナビ:改めてご紹介します。「地中」の役者、黒の兵隊蟻・美津乃あわさん、白の兵隊蟻・行澤孝さんです。そして、おばあちゃんを演じました中村真利亜さんです。…いやぁ、初日お疲れさまでした。
美津乃行澤中村:お疲れさまでした〜。
ナビ:本当は丸尾さんと末満さんおふたりだけに登場していただこうかと思っていたんですが、末満さんはこうみえてとても人見知りということで、末満さんに縁の深い3人に「末満健一応援団」として、来ていただきました。(3人に)末満さんの応援よろしくお願いします。
末満:丸尾さんも応援してあげてください(笑)
ナビ:早速ですが、、この公演「地中」は、劇団鹿殺しでは普段は役者を務められている丸尾さんの、外部初演出作品ということで。
丸尾:そうですね。劇団員だけでやるこじんまりとした公演は、何回か演出した事はあるんですけど、外部でこういった形では初めてです。
ナビ:末満さん、いかがでしたか?ごらんになって
末満:いや、やっぱり面白いなと思って。最初、前もっての情報とか全然わからずに観に来たんですけど。役者とかに会う度に「どう?」 って聞いたら、みんな口を揃えて「う〜ん、難しい」って言っていて
丸尾:(笑)
末満:あぁ、難しいお芝居なんだな、でも楽しみだな、って思って来て。でも、そういう難しいお芝居をどういう風に演出するんやろうって思って来て、なんか、すごい、戯曲を想像しながら観てたんですけど。ちょっと離れた所から演出してるな、って。
丸尾:そうですね。最初、角さんから頂いた…角さんいらしゃるからアレなんですけど(笑)。
「どうにでもしてください」っていうコメントで頂いて。でも、すごくどうにでもなりそうな感じに書いてあるんですよ、台本上は。場所も特定しないし、どことでも取れる…それぞれの心の中にリンクできるような感じで書いてあって。どこを出すか…。また、「くしゃくしゃ」とか音を役者が全部やるっていうのは角さんの台本上の設定なんですよ
末満:あ、そうなん?
丸尾:そうなんですよ。
末満:あ〜。あれは演出家のアイデアなのかな、と思ってた。
丸尾:いや、あれは、角さんから直接聞いた話では「今回やってみたかった事」っていう。
末満:じゃああれ、テキストで入る位置とか、どういう音を入れるかっていうのが決まってるんですか?
丸尾:もともと人が決まっていて、それは多少は変えたり。全員で揃えるとか、途中で入ってくるようにしてるとか。それはたくさんありますけど
行澤:ほぼ戯曲どおりですね
ナビ:逆に丸尾さんが付けられた演出っていうところでいうと、対面式の舞台であったり、方位を示す十字架に見立てた木を吊るす、であったり。実は台本上では、音は全くない、と書かれているんですけど、ガンガンに音楽が入ることになりましたね(笑)
丸尾:(笑)角さんから聞いた話によると「音楽は入るだろうなと思ってた」と。「音はない」と書いてあるけど「音楽はない」とは書いてないよって、言っておられました。
音楽を使うかどうかも、最初悩んだんですね。ほんとに。SEも役者の口で言ってるから、すべてナシでやるっていうのもアリかなぁってすごい考えたんですけど。プロデューサー講座っていう事で、プロデュースメンバーから色々話を聞いてると、鹿殺しっぽい、パワフルな感じの事であったり、その辺りも求められてるのかな、っていう気がして、音とか仕掛けをやっていこうと決めました。
ナビ:かなり思考錯誤されてましたね?色々と迷ってらしたみたいで…。
丸尾:ほんと、迷いましたね〜。特に、対面式舞台にするかどうかはギリギリまで悩んだし、この仕掛けにするかも悩んだし。色々と役者の方には…ね、アレだけど(笑)。
美津乃行澤中村:(笑)
丸尾:役者にも色々相談しながら…
ナビ:1週間くらい、ずっとオープンングの稽古を、ね。
中村:合計5転くらい変わりました
丸尾:「また立ち位置変わりましたね」って、役者からこう残念な感じで…。ああでもない、こうでもないってずっと…役者を動かしすぎかなぁ?とか、色々ずっと悩んで。
末満:他にどういうパターンがあるの?
丸尾:他は、KAVCの通常の舞台(プロセ)を使った方が、見せやすい絵も台本を読んでると「あ、プロセの方がいいんだろうな」っていう絵も想像できるし。KAVCでセットがあまり組めない中、距離も遠くなるなら、構造を変えた方がいいんじゃないかって悩んで。それは最終プロデュースメンバーと話して。こういう対面式でやってみようと決意しました。
ナビ:そうですね。鹿殺しの大阪公演の楽屋に伺った時に「思いついた!!対面式にしようと思う」って言っおられたのを覚えてます。
丸尾:その時にいた東京のスタッフとも話をして「どう思う?」って。それで。土のシーツと方位を表すものと十字架に見立てた木のオブジェ、この3点で行こうって。それ以外はシンプルに行こうってなりました。
ナビ:小劇場の世界っていうのは、作家が演出家を兼ねる事が多いじゃないですか。今回のように、作家と演出家がハッキリ分れているっていうタイプのお芝居では、戯曲を立体化する所に、その難しさや面白さがあると思うんですがいかがですか?
末満:丸尾さんも普段劇団で脚本書いているんですよね。僕の場合は脚本を書いて演出もするので、脚本書いている段階である程度、もちろん現場で変わる事もあるんですけど、ある程度想像しながら書くんで、脚本と演出のやりとりがスムーズというか。
まぁ、自分で書いて自分で演出をしておきながら、「こんなシーンどうしたらええねん?!」ってみたいなのもたまにあるんですけど(笑)。
お芝居に集中しようと思いながら観てたんですけども、「これ、どうしたら、どう演出したらこのシーンが効果的に見えるんだろう」っていうのはちょっと思いながら観ていて。やっぱりそれは面白いですよね。
戯曲から感じて、インスピレーション受けて、演出を考えないといけないっていうのは、すごい面白いなぁって思いました。
丸尾さんって、鹿殺しでは脚本だけ担当ですけど、その時点では演出は考えてるの?
丸尾:全部演出も考えて、ト書きに書きます。で、稽古の2時間くらい前にファミレスに行って、演出家と今日やるシーンの打合せをして、ケンカにならないように(笑)。で、稽古に臨みます。
末満:それで演出家とブレは出ないんですか?
丸尾:昔は出て、髪の毛つかみ合ってケンカした事もあるけど(笑)。最近はないですねぇ。最近はもうだいぶ演出家に任せるようになりましたね。昔は「ちょっとそういうつもりじゃないんだけど」って口を挟んでたけど、最近はないです。
末満:今日、「丸尾さんはこういう風に演出しはるんや」って観てて…僕が演出したら、どういう芝居になるんやろうなって。面白かったんで、演出してみたいな、って思ったりしたんですけど。自分が演出するんやったら全然違うものになると思うし。
ナビ:それ、すごい観たいですねぇ。
末満:角さんが演出したらどんな風になるんやろ?、って。
丸尾:ちなみにこの台本も、きっと相当演出が思い浮かんでる上で書いてるっぽいですよね。ト書きの書き方が。
だから、角さんが稽古場に来たら緊張しますよね(笑) 「合ってるんかな?」って。
末満:「地中」は自由度が高いね。脚本によっては、ある程度方向性が決まってしまう、戯曲とかもあったりするんですけど。本当にやればやる程、色んな形になりそうやな、ってその辺りが面白く思いました。
ナビ:具体的に、俺ならこうしたいな、っていう事ありますか?
末満:いや、もうそれこそ音を入れずに…役者が口で言う効果音、全部カットするな、とか。
ナビ:多分、台本の半分くらいの文字は効果音占めてますね(笑)
末満:モノクロ…ただ風がずっと吹いてるとか。すごい寂しい気持ちになって、なんなんやろ、この感覚は?って。
僕、「はじめ人間ギャートルズ」のエンディングの唄が好きなんです(笑)あれを聞いた時の感覚によく似てる。
丸尾:え?!どんな唄でしたっけ?
末満:♪なんにもない、なんにもない(と軽く歌う)
丸尾:あぁ…確かにわかる気がしますねぇ。

(−その2−へ続く)
posted by chi-chu at 10:00| Comment(0) | 公演情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

「家族の肖像」

「地中」には、色々なペアが登場します。

男と女、少年と少女、2匹の蟻、祖父と祖母・・・
ここには書いていない秘密のペアも存在します。

その中でも今回は≪家族≫に注目してみます!

0303_family_mono.jpg

上の写真、「地中」に出てくる家族の皆さんです。
ちょっと秘密はあるのですが、それは本番でのお楽しみ。

…本当に仲が良いこの5人。
稽古中、家族のシーンの時に思わずこぼれた、拓朗さんの一言。

「家族、落ち着くなぁ…。」

舞台の真ん中でつぶやく拓朗さん。

そんな家族も大切なペアに分かれています。

父と母、祖父と祖母、そして…?そう!杉森さんは誰と?!

それは見てのお楽しみ!

家族も、大切な友達も、恋人も、離れて暮らす大事な人も、
みんな大切な構成員。

ペアになったり家族になったり、仲間になったり、
色々な形で人と人は空間を共にします。

そして、いろんなことを感じてまた変わっていきます。

そんな時間を、「地中」からあなたへ。

人にはいろんな顔があるんですね。

心が勝手に、自然に変わっていきます。

そんな、大切な人の変化を間近で感じてみませんか?

「地中」の家族にも、こんな一面もあるんですから!

0303_family_02.jpg

プロデュースメンバーの山尾でした。


===============
☆お得なペアチケットをご利用下さい
===============

本公演では、お二人でご覧いただくとお得になるペアチケットをご用意しております。
お友達・ご家族とご一緒に、ぜひご利用下さい。

一般:3,300円のところ
ペアチケット:5,600円(2枚セット/お一人あたり2,800円)

−ペアチケット申込方法−
前売限定/KAVCのみ取扱
ご観劇前日までにKAVC窓口にお越しいだたくか、
お電話またはWEBでお申込み下さい。

神戸アートビレッジセンター(KAVC) 
TEL:078-512-5500
WEB:kavc.or.jp/tickets
posted by chi-chu at 03:00| Comment(0) | 公演情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。