2012年02月17日

今日の「地中」はもりだくさん!(2)

続いて、稽古場の風景を。

本日の参加キャストは、
丸尾さん、山田かつろうさん、前渕さなえさん、
大沢秋生さん、千田訓子さん、岡本拓朗さん、
中村真利亜さん、杉森大祐さん、宮下絵馬さん、西分綾香さん でした。

今日の稽古には、脚本の角ひろみさんも立ち会われました。


まずは、早口ことばゲームから。

「あなどれないアドレナリン アドレナリンあなどれない」

「ゴルバチョフ書記長」

「右目右耳右耳右目」などなど。

杉森さんが「耳毛・・・耳毛」と言い間違えるなど、
失敗する方続出。。。見ているだけでも笑いが止まりません。

皆さんは、スムーズに言えますか?


続いて、ボウズゲーム。

円の形に並び、順番に数字を叫びながらポーズをとっていきます。
7のつく数字、7の倍数の数字の時には、「ボウズ!」と叫ばないといけません。
「ボウズ!」が叫ばれると、順番が逆回りになります。

これが、結構難しいんです!

今日は、奇跡的に「70」近くまでスムーズに進んだのですが・・・。
(「70」台は、全て「ボウズ」になります)

DSCF0091_convert_20120219232215.jpg

なんと、直前で前渕さんが大失敗!!!
千田さんと中村さんとの70台「夢のボウズラリー」(別名:ポーズ合戦)は、
名前どおり、夢と消えたのでした。。。

写真は、みんなで笑い転げる図、です。

DSCF0090_convert_20120219233044.jpg


もちろん、ちゃんと(!?)稽古もします。

15日と同じシーンの稽古ですが、
丸尾さんは15日とは異なる指示を出されます。

DSCF0096_convert_20120219233933.jpg


みなさん、さすがプロ。
淡々とついていってらっしゃいます。

DSCF0099_convert_20120219234131.jpg


「地中」、一体どういった作品になるのか・・・?!
最後までわかりません!

皆さま、ぜひ完成した姿を劇場でご覧くださいませ!



〈おまけ〉

「地中」には、ご存知のとおり、11名ものキャストがおります。

ということは、11名分(+ααα)の役がある訳でして。。。

本日制作のお仕事として、こんなものつくりました。
DSCF0088_convert_20120219234608.jpg

ゼッケンの意味するところは何なのか・・・???
是非、劇場にてお確かめください!


■「地中」公開稽古を行います!■
チケットをお求めいただいた高校生・学生の方が対象です(先着20名)

日時:3月4日(日) 15:00〜17:00
会場:神戸アートビレッジセンター内

お申込方法
[Eメールの場合]
stage@kavc.or.jp宛に、件名を「公開稽古参加希望」として
【お名前/電話番号】を送信ください。当日のご案内を返信いたします。

[お電話の場合]
神戸アートビレッジセンターに【お名前/お電話番号/ご住所】をお伝えください。
後日、当日のご案内を郵送いたします。TEL:078-512-5500
posted by chi-chu at 00:00| Comment(0) | 稽古場便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の「地中」はもりだくさん!(1)

こんばんは、プロデュースメンバーの國頭(くにとう)です。

本日17日は、いろいろあった!
なのでブログ記事は2つ更新しちゃいます。

まず、ひとつめ。

今日の「地中」、
集合時間は午前中!

その理由は・・・・

DSCF0077_convert_20120219230505.jpg

そう、記者発表会があったんです!
記者さんにお集まりいただき、「地中」の魅力をご紹介しました。

「地中」からは、
脚本ご担当の角ひろみさん、演出ご担当の丸尾丸一郎さんに作品の魅力をお話しいただきました。

DSCF0078_convert_20120219230543.jpg

「地中」上演にあたって「縁を感じる」と仰った角さん。

上演するあてもなく執筆したはずだった戯曲「地中」が、今回のオファーにぴったり合っていたこと、
自分を育ててくれた土地・神戸での上演となったこと、
同じく、かつて神戸をホームグラウンドとしていた丸尾さんが演出を担当するということ。

「地域や時代に制限されない、普遍的な物語を意識して書いた」「(丸尾さんの)ダイナミックな演出によって、立体的な世界がつくられるのでは」とお話しくださいました。


続いて丸尾さんからコメントをいただきました。

ずっと、演出を手掛けることに興味があったと仰った丸尾さん。
これまで自劇団の番外公演等で演出を担当することはあったものの、初めての外部演出がご自身も大きく影響を受けた角ひろみさんの作品ということで、今回のオファーを断る理由はどこにも無かったとのこと。
また、芝居の興行に絶対欠かすことのできないプロデューサーを育てる企画でもあると知り、ぜひ協力したいと思われたとのことでした。
「普段舞台を見慣れていない人にも楽しんでもらえたら」と力強くお話しくださいました。

DSCF0083_convert_20120219230701.jpg

様々な想いや偶然が重なり創られている「地中」。
その現場を、どうぞ目撃しにいらしてください。


■「地中」公開稽古を行います!■

チケットをお求めいただいた高校生・学生の方が対象です(先着20名)

日時:3月4日(日) 15:00〜17:00
会場:神戸アートビレッジセンター内

お申込方法
[Eメールの場合]
stage@kavc.or.jp宛に、件名を「公開稽古参加希望」として
【お名前/電話番号】を送信ください。当日のご案内を返信いたします。

[お電話の場合]
神戸アートビレッジセンターに【お名前/お電話番号/ご住所】をお伝えください。
後日、当日のご案内を郵送いたします。TEL:078-512-5500
posted by chi-chu at 00:00| Comment(0) | 稽古場便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

全員集合!!

≪2月16日(木曜日)≫

こんにちは。プロデュースメンバーの山尾です。
本日は、なんと初めてのキャストの方々全員、演出の丸尾さん、
そして、作の角ひろみさんにも来ていただき、大所帯での稽古となりました。

初めて全員が揃ったということもあり、今日は台本の読み合わせを行いました。
ピリッと緊張感が走る、台本読みになりました。

稽古写真_0216.jpg

みなさん顔が見えませんが(笑)、笑ってしまうシーンも、真剣なシーンも、
これからどんな舞台に仕上がっていくのか気になって仕方ありません。


明日からは実際に動いての稽古がまた始まります。
どんどん面白い(真剣な!)写真もアップしていきたいと思っています。

お楽しみにしていてください!!

ちなみに、全員揃っての自己紹介でのこと。
行澤孝さんが一言
「今回、美津乃あわさんと濡れ場があると伺っています。頑張りたいと思います。」

本当にあるのか!? まだまだ「地中」、未知な部分がたくさんです!!



■「地中」公開稽古を行います!■
チケットをお求めいただいた高校生・学生の方が対象です(先着20名)

日時:3月4日(日) 15:00〜17:00
会場:神戸アートビレッジセンター内

お申込方法
[Eメールの場合]
stage@kavc.or.jp宛に、件名を「公開稽古参加希望」として
【お名前/電話番号】を送信ください。当日のご案内を返信いたします。

[お電話の場合]
神戸アートビレッジセンターに【お名前/お電話番号/ご住所】をお伝えください。
後日、当日のご案内を郵送いたします。TEL:078-512-5500
posted by chi-chu at 00:00| Comment(0) | 稽古場便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。