2012年02月17日

今日の「地中」はもりだくさん!(1)

こんばんは、プロデュースメンバーの國頭(くにとう)です。

本日17日は、いろいろあった!
なのでブログ記事は2つ更新しちゃいます。

まず、ひとつめ。

今日の「地中」、
集合時間は午前中!

その理由は・・・・

DSCF0077_convert_20120219230505.jpg

そう、記者発表会があったんです!
記者さんにお集まりいただき、「地中」の魅力をご紹介しました。

「地中」からは、
脚本ご担当の角ひろみさん、演出ご担当の丸尾丸一郎さんに作品の魅力をお話しいただきました。

DSCF0078_convert_20120219230543.jpg

「地中」上演にあたって「縁を感じる」と仰った角さん。

上演するあてもなく執筆したはずだった戯曲「地中」が、今回のオファーにぴったり合っていたこと、
自分を育ててくれた土地・神戸での上演となったこと、
同じく、かつて神戸をホームグラウンドとしていた丸尾さんが演出を担当するということ。

「地域や時代に制限されない、普遍的な物語を意識して書いた」「(丸尾さんの)ダイナミックな演出によって、立体的な世界がつくられるのでは」とお話しくださいました。


続いて丸尾さんからコメントをいただきました。

ずっと、演出を手掛けることに興味があったと仰った丸尾さん。
これまで自劇団の番外公演等で演出を担当することはあったものの、初めての外部演出がご自身も大きく影響を受けた角ひろみさんの作品ということで、今回のオファーを断る理由はどこにも無かったとのこと。
また、芝居の興行に絶対欠かすことのできないプロデューサーを育てる企画でもあると知り、ぜひ協力したいと思われたとのことでした。
「普段舞台を見慣れていない人にも楽しんでもらえたら」と力強くお話しくださいました。

DSCF0083_convert_20120219230701.jpg

様々な想いや偶然が重なり創られている「地中」。
その現場を、どうぞ目撃しにいらしてください。


■「地中」公開稽古を行います!■

チケットをお求めいただいた高校生・学生の方が対象です(先着20名)

日時:3月4日(日) 15:00〜17:00
会場:神戸アートビレッジセンター内

お申込方法
[Eメールの場合]
stage@kavc.or.jp宛に、件名を「公開稽古参加希望」として
【お名前/電話番号】を送信ください。当日のご案内を返信いたします。

[お電話の場合]
神戸アートビレッジセンターに【お名前/お電話番号/ご住所】をお伝えください。
後日、当日のご案内を郵送いたします。TEL:078-512-5500
posted by chi-chu at 00:00| Comment(0) | 稽古場便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。