2012年02月26日

《数珠つなぎメンバー紹介》その8

実践!演劇プロデューサーへの道2011
メンバー最年長者の梅原恵です。

メンバー紹介、少し間があいてしまいましたが…

私から紹介させていただくのは、メンバーの中で一番若い、藤原政彦さんです。
藤原さんは20歳の現役大学生。
大阪大学の学生劇団「ちゃうかちゃわん」で役者と制作を兼任しているそうです。

スリムでメガネとノートパソコンの似合う彼は、根っからの文化系?
と思いきや、小学校時代はサッカー、中・高はテニスをしていたとか。
その上、エレクトーンも弾けちゃいます。

大学では、行動経済学を勉強中。
あんまり頭のよくない私が、
「コードーケイザイ学って、どうしたら人が財布の紐をほどくか?っていうようなこと?」
と聞いたら、
「まー、そんなようなことです。」
と、いたわるような笑顔で答えてくれた、優しい青年です。

劇団や、このプロジェクトで実践を積み、さらに行動経済学を修めた藤原さんは、将来頼もしいプロデューサーに成長することでしょう。
posted by chi-chu at 20:42| Comment(0) | ≪数珠つなぎメンバー紹介≫ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2月23日の稽古(衣装合わせありました)

こんにちは。プロデュースメンバーの井上です。

稽古も中盤に入り、笑顔と真剣な表情が交錯し、そのコントラストに恍惚と不安を胸に感じながら、それを楽しむ日々を送っております。

演出の丸尾さんの指導も詳細なシーンや動きにまで確認が入り、キャスト一同自分の中にキャラクターを憑依させるためのギアがセカンドに入ったというところでしょうか。

今日の丸尾さんの演出風景はこちら

CA390518.JPG

あっ、間違えた。

彼は今回の作品に参加している役者さんの一人、宮下絵馬(悪い芝居)さんです。

まあ、いくら芝居の稽古に熱が入ってきたといっても、彼や岡本拓朗(劇団赤鬼)さん、杉森大祐(売込隊ビーム)さんなどがムードメーカーとなって、その場の緊張を笑いで緩和してくださるので、本当に稽古場は楽しい雰囲気ですよ。

今回の公演は、劇団の枠を超えて、作、演出、役者さんが参加していますが皆さんもう打ち解けていらっしゃいます。

ちなみにこれが本当の演出中の丸尾さんです。

downloadInlineDirect (1).jpg

この日は衣装合わせもありまして、役者さん含めて、わたしたちもその素敵さに黄色い声をあげていました(笑)

本番までお見せすることはできませんが、数種類のパターンの衣装がこの中に含まれています。宝箱ですね。

CA390516.JPG

一部使われなかったかわいい衣装をお見せしますww

CA390519.JPG

男の自分も、思わずカワイイと言ってしまったww


それでは、皆さま地中公演楽しみにお待ちくださいぴかぴか(新しい)
posted by chi-chu at 02:12| Comment(0) | 稽古場便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公開稽古のスゝメ(2)

こんばんは。ナビゲーターの水口美佳です。
チーム「地中」、今日も元気に稽古を進めています!

IMG_2240.jpg

頼もしいプロデュースチームの日々の更新により、ようやくgoogleの検索でトップに現れたこの「地中」BLOGですが、これを読んでくださっている中に高校生・大学生の方はいらっしゃいますか?

今日はオトナの皆さんにはゴメンナサイ、高校生・大学生の方に向けてお話させていただきますね。

私が演劇というものに出会い、始めることになったのはちょうど大学1年生のころでした。
あれから随分と時は過ぎ、ありがたいことに演劇人のタマゴたちの指導に当たらせていただく機会が増えてきました。
そこでよく受けた質問が、「どうやって練習をしたらいいんですか?」というもの。

学校の演劇部で文化祭に向けてお芝居の練習をしているんだけど、セリフも覚えたし、段取りもついたし、もう何回も通し稽古したし…
でも、なぜか作品がおもしろくない。
これって、合ってるの?
どうやったら、もっとおもしろくなるの?
おもしろくするには、どうやって練習したらいいの?


そのたびに「ああ、稽古場に来てもらえたらすぐにわかってもらえるのになあ」と思ったものでした。

稽古場では一体何が行われているのか。
どんな温度で、どんなテンションで、どんな緊張感で、稽古が進められているのか。
演出家が見ている世界を、役者はどうやって理解して表現するのか。

それを学生の皆さんに体験してほしくて、今回「公開稽古」というイベントを設けました

迷ってるそこの学生たち!
3月4日は「地中」の稽古場にぜひ来てください。
卒業公演や新入生歓迎公演の練習で忙しいってこと、すごく分かる!
だけど「地中」稽古場で得られるものは、もしかしたらその練習時間以上のものになるかもしれない。
もちろん、ご自身では芝居作りをされていない、シンプルに演劇ファンの学生さんたちも大歓迎です!
学生の特権を生かして、舞台上では見ることのできない演出家や役者の普段の姿を覗きにきてください。

皆さんのお越しをお待ちしています。
3月4日、稽古場でお会いしましょう!

===========================
■「地中」公開稽古を行います!■
===========================
チケットをお求めいただいた高校生・学生の方が対象です(先着20名)

日時:3月4日(日) 15:00〜17:00
会場:神戸アートビレッジセンター内

お申込方法
[Eメールの場合]
stage@kavc.or.jp宛に、件名を「公開稽古参加希望」として
【お名前/電話番号】を送信ください。当日のご案内を返信いたします。

[お電話の場合]
神戸アートビレッジセンターに【お名前/お電話番号/ご住所】をお伝えください。
後日、当日のご案内を郵送いたします。TEL:078-512-5500
posted by chi-chu at 01:41| Comment(2) | 公開稽古のスゝメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。